読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年にPS4 Proを買ったばかりの僕が、なぜかハマったインディーゲーム4本

ゲーム

エソラコトナリです。

 

2016年は、PS4 Proを買って久し振りにゲームの世界に戻ってきた年でした。

 

家庭用最強マシンで最高級のグラフィックを堪能するのだ!

 

と『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』でお出迎えしたものの、その後はすっかりインディーゲームにハマってます。

 

もしかしてPS4の主力コンテンツはインディーゲームなんじゃないの?って思ってしまうほど、魅力的な作品が多いんです。

 

今回は僕がハマった、今もハマってるインディーゲーム4本をご紹介します。

 

 

 

『INSIDE』 

 

このゲームに出会ったことで色々と計画が狂ってしまいました。

 

この作品一本だけで「インディーって素晴らしい」と頭に刷り込まれるほどの名作です。

 

ゲーム自体はよくある横スクロール型のパズルアクションゲームですが、神経を逆撫でするような世界観が圧倒的です。

 

グロいゲームは多々あれど、ここまでエグいゲームは他にはありません。

 

何の説明もないままに赤い服を来た少年を操って進んでいくわけですが、画面に映像以外の一切の情報が表示されないのが特徴的です。

 

「!」とか「?」なんかも表示されないので全ては映像から読み取るしかないんです。

 

それでも激ムズにならない程度の難しさで、試行錯誤してるうちに突破できるバランスも素晴らしかった。

 

でも隠し要素をすべてアンロックするのは普通の人には不可能ですね。僕は最初からあきらめてググりました。

 

映像以外のメタ情報を消すことでその世界に没頭させる、これはメジャーゲームでも最近主流になっています。

 

情報過多でおせっかいな日本のゲームはこの点かなり出遅れてます。

 

さらにこの作品は、メタ情報を消し去ることでゲーム画面をアートと言えるまでに洗練させられることを証明してしまいました。

 

ひたすらエグいのに、ずっと美しいんです。

 

そんなメタ情報を消し去りまくったゲームが、実は信じられないほどメタな要素を盛り込んでたりもします。

 

気になる人は隠し要素までぜんぶコンプリしてみてください。

 

 

『風ノ旅ビト』

www.youtube.com

 

動画を投稿するのも忘れてプレイしてたので、YouTubeから拾ってきました。

 

『INSIDE』の衝撃を忘れられず、評価の高いインディーゲームを探しまくって見つけたのがこの作品。

 

元々は2012年にPS3で発売されたものですが、現在はPS4版も配信されています。

 

これまたほとんど説明のないゲームですが、死後の世界をイメージさせる幻想的な世界観は『INSIDE』に負けず劣らず。

 

「風」を題材にしたパズルアクションゲームですが、理解するには映像見てもらったほうが早いです。

 

さらにこのゲームにはシステム面で驚くべき事実が隠されています。

 

ぜひとも事前に情報を仕入れずに一度クリアして欲しい作品です。

 

 

『トライアルズ フュージョン』 

 

ヒトコトで表すなら、現代版エキサイトバイクです。

 

この触れ込みだけで当時少年だった世代は食指が動くはず。

 

頭と身体で覚えないと突破できない硬派なゲームですが、進化したグラフィックによる演出が素晴らしく、常に気持ち良さが失われません。

 

ありえね~を連発するようなコースをノンミスでクリアしたときは、毎度ガッツポーズがでます。

 

ちなみに僕は中級レベルで普通に200回、300回とか失敗してます。クリアできんのかこれ。

 

気持ち良さだけでなく、確信的に美しさを表現してるステージもありました。

 

 

『The Witness』

 

往年のゲーマーは一目見て『MYST』を連想するはず。

 

20年以上前に発売されたカルト的な人気を誇るパズルアドベンチャーゲームにインスパイアされた作品です。

 

インディーゲームって説明するのが嫌いなの?って思うほど、またまたまったく何の説明もなく、歩いてはパズルを見つけて解いていくゲームスタイル。

 

パズルのヒントもパズルの中にしかない硬派仕様のため、難解すぎて意識が飛ぶことも多々あります。

 

クリアには普通に40時間くらいかかるらしいですが、正直まったくたどり着ける気がしませんね。

 

でも攻略サイトなんて見てしまったらこのゲームの価値を半分以上失ってしまいますから、コツコツ進めているところです。

 

 

今回紹介したゲームはとても万人にオススメできるものではありません。

 

でも自分がゲーマーだと認識されている紳士淑女の皆様にはぜひトライして欲しい作品ばかり。

 

しばらくメジャーに帰ってこれないことをお約束します。

 

広告を非表示にする